兵庫一件始末書上

【概説】古文書へ三角マーク右 竪帳「兵庫一件始末書上」へ三角マーク

 神戸での衝突のあと、事件への対応に当たった京都留守居・澤井権次郎(宇兵衛)の報告書(竪帳)と関連資料である。
 澤井権次郎について三角マーク

〇左写真の包みは『S-6|128|1―3』(-は段の区切り)のラベルが貼った別の封筒に他の二種類の文書と一緒に包まれている(詳細は池田家文庫資料番号S6-128の調査報告を参照三角マーク)。

〇包みは上下を折り曲げてあり、「兵庫一件始末書上」と表書き、折り曲げた部分に「澤井権次郎」の署名がある。
 包みには、池田家文庫資料番号「S―6-128-1/1―5」(同前)のラベルが張ってある。これは「S―6-128-1」として包括される資料が五種類あることと、それが同封されていることを示す。

封の画像

〇同封されている五点の資料は、次の通りである。(竪帳と「覚」を除き、文書名はない。内容に即してそれぞれと仮の標題をつけた。標題をクリックすると該当資料へ進む。なお補注は、「兵庫一件始末書上」と一枚物は同じなので、後者では略した。)

前記五点の資料を並べた写真

【解読】
 解読資料:池田家文庫資料番号S6―128―(1)①~⑤をマイクロフィルムより印刷し、在間宣久・池内博・衛藤廣隆・奥村眞美子・田中豊の四名の者が解読した。原文画像の確認は、岡山大学附属図書館の許可を得て、写真撮影したものを利用した。それらをもとに、注の作成・全体の構成を衛藤が行った。

【凡例】〇解読文凡例参照三角マーク
【参考文献】補足や注記は、原則的に参考資料に基づいた。
参考資料書誌リスト参照三角マーク